子宮筋腫とは?

女性のための保険ガイド

子宮筋腫とは?

子宮筋腫で悩む女性も多いと聞きます。
それは子宮にできる良性の腫瘍のことです。
それができることで、命の危険性に及ぶということはありませんがその他の不快症状や弊害が現れることがあります。

例えば生理痛です。
女性の方で毎回ひどい生理痛に悩まされている方も多いのではありませんか。
それが子宮筋腫が原因で引き起こされているかもしれないのです。
また経血の量も増えます。
これは筋腫が出来る部位によっても変わってきます。
もしも筋腫が子宮の外側にできた場合はそれほど不快症状は見られません。
しかしながら内部にできた場合は例え小さくても影響が出てきます。

それができる原因に関しては残念ながらわかっていません。
ただし閉経を迎える女性は筋腫がほとんどできない、昔あった物が小さくなるなどのことから女性ホルモンの影響が大きいと言われています。
また近頃筋腫で悩む女性が多いのは昔の女性と比べて妊娠出産の経験が乏しいからだと言われています。
もしも生理の不快症状がみられるなら、一度医師の診断を受けてみることをお勧めします。
婦人科に行くと超音波でそれを見つけてくれます。
それがあまりにも大きいと手術を勧められることもあるようです。

それを放っておくこともできるのですが、妊娠の時の障害になる可能性も出てきます。
例えばそれにより妊娠しにくい状態になる可能性もあります。
また筋腫があるとたとえ妊娠をしても絶対安静を言い渡されることがあります。
事実私の知り合いの方も筋腫があったので妊娠3か月頃から出産までずっと入院生活を送ることになったのです。
そこで妊娠を希望するならその点も含めて医師に相談することをお勧めします。

治療法は薬と手術の二通りです。
また治療法によっては健康保険の適用外となっている場合もありますので場合によっては自己負担額が大きくなります。
そんな時でも女性保険に入っておけばそれらの疾病に関しても保険給付金を受け取れますので安心なのです。