専業主婦の保険選びのポイント

女性のための保険ガイド

専業主婦の保険選びのポイント

共働き家庭が増えています。
中には本当は専業主婦をやりたいけれど、家計が苦しいので自分が働かざるをえないという方も多いのが現状です。
そのような状況でも事情により、専業主婦をされている方もまだまだいらっしゃいます。
昔はそれが典型的なパターンであったため、一家の大黒柱である旦那さんの生命保険等を充実させている家庭が多かったのです。

専業主婦の方は保険には加入されていない方も多かったかもしれません。
しかしそれは男性の安定した仕事と収入が約束された時代だったからです。
正社員でも一生安泰とはいえないこのご時世ですから、万が一のことも考えておかなければいけません。
また専業主婦だからといって病気やケガをしないとは限りません。
そのことを考えると万が一のための対策を取っておくことも大切になってくるのです。
そのために保険へ加入することもとても有効な策だと思います。
その選び方のポイントについてみていきたいと思います。

まず保障内容をチェックしましょう。
手厚い保障が付いているタイプはそれだけ毎月かかってくる費用も高くなります。
旦那さんの生命保険等も加入していることでしょうから、奥様の分も手厚い保障を必要とするとそれだけでも毎月家計に占める割合が大きくなってしまうでしょう。
そこで必要な保障だけを適切に選ぶようにしましょう。
今の段階では旦那さんの収入だけで生活しているわけですから、例え奥様に万が一のことがあっても家計にそれほど大きな影響は与えないと思われます。
それなので万が一死亡した時の保障に関しては最低限で十分だと思います。

専業主婦の場合は入院保障がある程度充実しているタイプを選ぶのがお勧めです。
入院すると家事や育児を誰がやるのかということになります。
どちらかの両親が近くにいてお世話になれるのならいいのですが誰もがそういう環境ではありません。
小さいお子さんがいるとなおさら母親の入院は家計にとって痛手です。
その時に家事支援サービスを依頼する可能性も高くなります。
入院期間が長引けばそれら費用も多くかかりますので入院期間の保障は手厚いほうが助かります。